福岡県 森小児科クリニックのホームページです
                                                                                                last updated 2022-07-15                                                                                                                                           

 
2022.7.13    子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種について------NEW

 2022年4月からHPVワクチンは積極的勧奨の定期接種(対象者に接種の案内を出す国が実施する接種)になりました。自治体から接種の案内を受け取られた接種対象者は、接種をご検討後、接種期間内に接種されることをお勧めします。
 
2021.11.26  子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの情報のサイト
 
 子宮頸がん予防ワクチンは、2013年から小学6年生から高校1年生の女子に定期接種(公費で自己負担がない接種)で実施されています。厚生労働省は11月に、積極的勧奨の接種(接種対象者に案内を出して接種を促す接種)にして接種を再開する方針を決めました。副反応をご心配されて接種を見合させている場合が多いので、周知のために情報をまとめました。
 
  ●小学6年から高校1年の女子が対象者で、接種を積極的に勧奨する。
    (積極的勧奨の接種とは、自治体から接種のお知らせをする接種です)
  ●積極的勧奨をしていなかった時期の対象者で未接種者の救済措置を検討
   詳細は、自治体からの広報でお知らせがあります。
 
●厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンのサイ
  HPVワクチンQ&A|厚生労働省 (mhlw.go.jp)
      LinkIcon ここをクリック
  子宮頸がん予防ワクチンのリーフレット
      LinkIcon ここをクリック
●「NPO法人 VPDを知って、VPDをこどもから守ろうの会」のサイト
  子宮頸がんとHPVワクチンのQ&A
      LinkIcon ここをクリック

2012.5.20 スマホアプリ「予防接種スケジューラー」について
 NPO法人「VPDを知って、こどもを守ろうの会」の小児科医が作成したスマホアプリです。誕生日を登録すると、接種するワクチンの予定が分かり、そのワクチンと病気についての情報があります。
 予定の入力で自動的にメールが届くように設定できますので、スケジュール管理が便利になります。 LinkIcon 詳細はこちらから

2011.6.5 日本脳炎の定期予防接種特例について
 
 ①平成19年4月2日から平成21年10月1日に生まれ、平成22年3月31日までに日本脳炎の第1期の接種が終了していなく、生後6か月から90か月または9歳以上13才未満にある場合は、できなかった第1期の分を公費で追加できます。
 ②日本脳炎の定期予防接種(公費)を差し控えて、接種の機会を逃した平成7年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれの場合は、日本脳炎の定期予防接種の対象年令が4才以上20才未満となりました。接種できなかった回数をこの年令で公費接種を追加できます。詳細はお問い合わせください。(平成23年5月20日付け実施)
 
 

         「小児かかりつけ診療」について                         
 
 当クリニックは、継続して受診され、同意された患者さん(6才未満)が「小児かかりつけ医」に登録後は、次のような診療を行います。登録については、お問い合わせください。
 
 かかりつけ医の対応について
〇 急な病気の診療や、慢性疾患の指導管理を行います。
〇 発達段階に応じた助言・指導等を行い、健康相談に応じます。
〇 予防接種の接種状況を確認し、接種の時期についての指導を行います。また、予防接種の有効性・安全性に関する情報提供を行います。
〇 「小児かかりつけ診療」に同意する患者さんからの電話等による問い合わせに、診療時間外の対応をします。